アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

「会社の文書」は公的機関が保存しては?

投稿日:2019年11月7日 更新日:

■私企業(会社とか)には
いろんな文書があり、
その一部は法律によって
一定期間の保存が義務付けられている。

http://www.haradakaikei.net/document/contents05.php

定款や株主名簿、社則、会計書類、
土地や建物に関する書類といったものは
永久保存だし、
その他の文書にも、一〇年間、三〇年間、
といった保存期限がある。

これらは、当の会社のみならず、
外部や従業員との関係上、
きちんと保存して維持されることが望まれる。

例えば何らかの健康上の被害が
生じた際などに、
「従業員がどのような環境で
作業を行なっていたのか」
といったことが必要・有用になる、
ことが考えられよう。


■しかしこれらの書類は、
保存義務があったとしても
多くの場合は企業に対する罰則が
あるわけではないし、
保存しているかどうかの検査が
あるものも少ない。

さらに、
「派遣元管理台帳が三年保存」
「出勤簿が三年保存」
など、法定の保存期限が
いかにも短すぎる文書も多い。

何より、例え企業が
きちんと保管していたとしても、
その企業が倒産してしまえば
デイタのほとんどは雲散霧消してしまう。

これによって
貴重な資料が失われ、
余計な社会的損失が発生する危険性も
あるのではないか。


■そこで提案したいのは、
「年一回」といった区切りで、
公的機関への電子デイタの提出を
義務付けることだ。
(むろん、
簡単に作れるフォーマット
であることが望まれる)

そして、電子デイタは公的機関が
ストレイヂに永久保管するのだ。
(むろん、流出がないような
管理が必要だ)


■かつてはこんなことは不可能だった。
公的機関であれ、私企業であれ、
紙で提出、紙で保存、
ということになれば、
数年おきに処分する必要がある。
文書の保存期限もその時代に設定されたものだ。

しかし時代は変わっている。
例え私企業の保存文書を
公的機関が保存することになっても、
そう無茶苦茶なストレイヂが
必要になるわけではない。
(多くは文書、
つまりテキストや数値デイタで、
せいぜい画像だ)

一方で、たとえ私企業のものであっても
そのデイタ損失がすべて防げれば、
社会的な利益は大きいはずだ。

というわけで、
ちょっと話題の
「公文書保管」だけでなく、
「私文書保管」も
公的にやってしまい、
効率の良い世の中を作ってほしいのだが…。

令和元年十一月七日
アカセ
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-所感

執筆者:

関連記事

映画「セッション」にみる、「成功」と「平凡な幸せ」の難しさ。

■「セッション」という映画のBDを観た。アカデミー賞受賞作品だから、知っている人も多いだろう。 (以下、映画の内容を記す) 主人公は名門音楽学校の学生ドラマー、アンドリュー。その学校のトップのバンドマ …

no image

「UNIVAS」で失われる物もあるだろう。

■「七帝柔道記」という本がある。旧七帝大伝統の寝技主体の団体戦柔道を戦う昭和の男たちを描いた、増田俊也の自伝的作品だ。 主人公は、最初から二年の留年を計算に入れ、大学生活のすべてを七帝柔道に賭ける-。 …

我々の周囲は、想像以上にすごい人で溢れてる。

■割と近い知り合いに、いわゆる「絶対音感」を持っている人がいる。 ただし、単音のみで、和音ではできないらしい。(全くできないのか、少しはできるのかは不明) ピアノを叩いても、缶からを叩いても、「ソ」と …

no image

今が古くなる日のために、みんな写真を撮っといてくれ。

■たまに、下記のようなウェブペイヂを見て、どうしようもない気持ちになる。http://world-fusigi.net/archives/8442262.htmlhttp://world-fusigi …

最後の関西文化人・堺屋太一と「失われた三〇年」の終わり。

■大学時代、どういうわけか 野口悠紀雄と堺屋太一をよく読んでいた。 野口では 「日本経済改造論」 「日本経済は本当に復活したのか」 「戦後日本経済史」、 堺屋では 「組織の盛衰」 「日本を創った十二人 …