アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

作戦 所感

萌え絵に上手いも下手もあるのか。

投稿日:

■インターネットを視ていると、
「画力」議論が、割と盛んである。

「この絵は下手」
「画力がない」
「デッサンがくるってる」

いろんな絵について論じられるが、
インターネットであるので
当然漫画タッチの絵、特に「萌え絵」が
批評の対象だ。

…いや、待て。
萌え絵(に限らずデフォルメ絵全般)に
巧いも下手もあるのか。


■例えば、
「石膏像を本物らしく書け」
ということなら、
上手下手を決められるだろう。
ティッシュ箱でも人体でも、
「本物らしさ」なら競うことは可能だ。
 
しかしデフォルメ絵は、
そもそも
「”本物らしさ”をなくす」
というところから始まっているのではないか。


■どうもいろいろ読んでみると、
「萌え絵のうまさ」
というのは、
「骨格が不自然ではないか」とか、
「向きがおかしくないか」
といった、
「人体のように見えるか」
というところで判断されるようだ。

が、それを言い出すと、
「そんなに大きな目はついていない」
という話になる。

「左右の手の長さが違う」とか、
「足の向きが変」と言っても、
「そういう人なんだ」
とされれば返しようがなくないか。


■萌え絵を立体化したフィギュアがある。

このフィギュアを初見で紙に書くとき、
そのフィギュアの形になる人
(うまい人)と、
そのフィギュアの形が歪んで見えてしまう人
(下手な人)がいるだろう。

「萌え絵のうまい人」
というのは、
「萌え絵の(仮想の)立体造形の形が
精確に描ける人」
と言えるかもしれない。

しかし、
立体造形自体が萌え絵からできている以上、
すでに存在するキャラクターはともかく、
オリジナルのキャラクターに関しては


■手塚治虫は
「漫画は記号だ」
といったが、
萌え絵も記号なので、
その上手下手は
「記号として伝わるか」
なのかもしれない。

つまり、
「萌え絵の上手さ」は
「絵の上手さ」ではなく、
「字の上手さ」なのだ。

しかし
オリヂナルの萌えキャラの場合は、

(もっとも、
「私が一から作った文字」
だって、例えば武田双雲とか涼風花なら
私よりうまく書けそうだ)


■インターネットには、
いろんな人がいる。

あなたが
あなたオリヂナルのキャラクターを描いて
アップロードしたときに
「クソ下手wwww」と、
マウンティングしてくる人だっているだろう。

そういうときには、
(心の中で)返してしまえばよい。

「いや、こういう人なんだ」
と。

あなたの作ったキャラクターである限り、
あなたの絵が一〇〇点なのだ。

令和元年十一月十三日
アカセ
acsusk@gmail.com
https://twitter.com/acsusk/

-作戦, 所感

執筆者:

関連記事

no image

地方には、「基本学術書」をふらっと手に取れる本棚がない。

■以前、 「高校と大学に通うと、 時間と費用を大きく損する。 高認試験で高卒相当資格を取り、 通信制大学で学んで大卒資格を取れ。 もし、さらに学問がしたいのであれば、 (あるいは学歴に箔をつけたいとき …

no image

最近、「OL物」のドラマ少ないよね?

■私が高校生のとき、平成十三(二〇〇一)年くらいにNHKに「夜ドラ」という枠があった。 「ロッカーのハナコさん」とか、「ブルーもしくはブルー」という島谷ひとみがカヴァーした「元気を出して」が共通のテー …

no image

もしも学校がなくなれば、日本に「コミュニティ」はゼロになる。

■ここ最近、ぼくはいろいろでたらめなことを書いてきた。 「学校の座学の勉強は、集団で一斉に授業を受けるよりも、個別に勉強をした方が遥かに効率がよい。 だから、(小中高校、それに大学の教養科目と専門基礎 …

「マルサの女2」と「土地の不可侵性」。

■映画「マルサの女2」を はじめて観た(DVD)ので、 以下にその内容の一部と感想を書く。 本作は昭和六十三年、 前作「マルサの女」の続篇として公開された。 監督は伊丹十三。 主演は「みやや」(「ナイ …

簡単な関数で不要部分や重複を削除しないで”詰める”方法。

■珍しく実用的な記事である。Excelの関数について。 ひとつめは、ある表のうち、何かに該当するものだけを、“詰めて”、別の表に表示させる方法。ふたつめは、ある表のうち、重複を …