アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

TV

私が途中で視るのをやめたTVドラマまとめ

投稿日:2018年11月4日 更新日:

平成30年秋以降、私が途中で視るのをやめたTVドラマ等(DVD)の
内容と感想を書く。

 

■「ストロベリーナイト」(原作 : 誉田哲也、脚本 : 龍居由佳里ほか)
原作については未読。
第1回の前にもパイロット版があるとのことだが、これも未見。

竹内結子演じる警視庁の女性刑事と
その仲間たちが事件を捜査していく姿を描く。
第1回では、鉄道線路上で真っ二つの轢断死体が発見され、
捜査過程で、その被害者が、
過去、同じ鉄道で大事故を引き起こしていた、ということが分かり…-
-というもの。

犯人がシンメトリーに異常な執着をもち、
衝動的に起こしてしまった犯行でも
シンメトリーにするため苦労する-
というあたり、
「ちょっとそれはないんじゃない?」
と言いたくなってしまう。
竹内結子ほか、仲間の西島秀俊や小出恵介には
何やら過去があるようなのだが、全く興味が沸かなかった。
(グロテスクな場面の替わりに、)
アニメイション的な描写にしたりしているが、
あんまり格好良く感じない。
あと、本筋ではないのだが、いくら個室居酒屋でも
頻繁に飲みに行って捜査について話す-
というのは、
(実際あるのかもしれないが、)
やっぱりまずいのでは?

第1回で打ち止め。
これで「アンフェア」(主演 : 篠原涼子)、
「ギルティ」(主演 : 菅野美穂)と、
似たようなドラマを三作続けて最初で切ってしまった。
(平成30年10月打ち止め)

 

■「セカンドバージン」(脚本:大石静)
40代の女性編集者・中村るい(鈴木京香)は
離婚後、一人息子も家を離れて一人暮らし。
シンガポールで金融庁の若手官僚・鈴木行(長谷川博己)と出会う。
鈴木と、妻(深田恭子)との間には、まだ子供がおらず、
鈴木は子作りに頑張る妻を少し鬱陶しく感じ始めている。
そんな鈴木と中村が最初はビジネス(編集者と著者)として出会い、
やがて男女としてひかれあう-。
という話か。

あんまり苦労がない鈴木行にも中村るいにも全く共感できず、
この2人のロマンスがどうなろうとどうでもいい、
としか思えなかったため、第3回で視るのをやめる。

ただ、鈴木京香、長谷川博己はじめ、
深田恭子、段田安則、綾野剛等の役者陣は魅力的だった。
また、あまり本筋とは関係ない金融関係や出版社関係について
本物らしく台詞に盛り込まれている、という印象。
(中村るいの出版社のモデルは幻冬舎だろうか)

ちなみに鈴木京香が主役なのに
相手の役名を”鈴木”にするのは悪手では?
(平成30年10月打ち止め)

 

■「ラスト・フレンズ」(脚本 : 浅野妙子)
吉祥寺の美容院で働く美知留(長澤まさみ)は
高校時代の友人瑠可(上野樹里)と再会する。
樹里はルームメイト・エリ(水川あさみ)と二人暮らし。
一方美知留は宗佑(錦戸亮)と同棲を始めたが、
彼からDVを受けている。
美知留と瑠可はエリを介してタケル(瑛太)と出会い、
タケルもルームシェアに加わるのだった-
-というのが第1話。

登場人物の誰にも感情移入することができず、
私にとっての気になるところや楽しいところも
特に見いだせなかったため、
第1話で視るのをやめる。

平成20年のドラマなので、
今みると絶妙にださく見えてしまう。
第1回で出てくるJALの飛行機が
鶴マークではなく、日の丸マークだ。

美知留が瑠可を「超然としてて…」と評し、
瑠可もそれに普通に答えているのだが、
“超然”ってこの年代で使うか…
(平成30年11月打ち止め)

 

■「監獄のお姫さま」(脚本 : 宮藤官九郎)
女子刑務所で出会った女たちが、
大会社社長の息子を誘拐を計画し、実行する。
女たちの目的は、刑務所に収監された社長の元妻の

宮藤官九郎脚本ということで
私の大好きなドラマ「ごめんね!青春」のような
明るく笑えるものを期待したのだが、
私にはどうにも笑いが起きなかった。
クスッとはするのだが、
どっかんどっかんは来ない。
面白い物を作るって難しいんだなあ、
と感じた次第である。
第三回で打ち止め。
(平成三一年二月打ち止め)

 

明瀬祐介
acsusk@gmail.com

-TV

執筆者:

関連記事

no image

最近、「OL物」のドラマ少ないよね?

■私が高校生のとき、平成十三(二〇〇一)年くらいにNHKに「夜ドラ」という枠があった。 「ロッカーのハナコさん」とか、「ブルーもしくはブルー」という島谷ひとみがカヴァーした「元気を出して」が共通のテー …

「平成ネット史(仮)」よりも広かったネットの世界。

■1月2日に日本放送協会で放映されていたTV番組 「平成ネット史(仮)」(「(仮)」が正式タイトル)の前篇を視たので、 その内容と感想を書く。 http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/ …

no image

「MGC」で分かる、NHKのセンス不足。

■「マラソングランドチャンピオンシップ」のTV放送を観た。 この大イヴェントは、男子はTBSが、女子はNHKが、それぞれ中継を担当するということで、「史上初のコラボ」と銘打って、オープニングの数分間、 …

野茂は、細身で端正な、本物の野球馬鹿だった。

■NHK 「平成史スクープドキュメント 大リーガー NOMO ~“トルネード”・日米の衝撃~」 を視たので、その内容と感想を書く。 http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/o …

no image

「史上最高」が入れ替わったことってある?

■野球でも相撲でも競馬でも、どの分野にも、「史上最強」「歴代最高」をめぐる論争がある。 こういうのは時代が違うから比較できないのだがそれを語るのが好事家の楽しみだ。 ■一度定着した、大衆の「史上最強」 …