アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

「 所感 」 一覧

no image

秋のスポーツイヴェントの「もう終わってしまう感」。

2019/10/02   -スポーツ, 所感

■なんでも「の秋」をつけるとそれっぽくなるが、実際、よく言われる「藝術」も「読書」も、秋が一番やりやすい。(「食慾」だけは分からん。春も夏も冬も「食慾の」、である) そしてスポーツも。 競技にもよるけ …

no image

最近、「OL物」のドラマ少ないよね?

2019/09/30   -TV, 所感

■私が高校生のとき、平成十三(二〇〇一)年くらいにNHKに「夜ドラ」という枠があった。 「ロッカーのハナコさん」とか、「ブルーもしくはブルー」という島谷ひとみがカヴァーした「元気を出して」が共通のテー …

no image

二〇〇七年のミルグラム作戦。

2019/09/29   -作戦, 所感, 身辺雑記

■ぼくの通っていた大学では、春、入学式の前に三日間、新入生の健康診断があり、その健康診断から帰る新入生を目当てに各クラブ・サークルが引き込みを狙う新勧イヴェントがあった。 イヴェント運営側のスタッフは …

no image

Perfumeと松下幸之助の共通点。

2019/09/28   -TV, 作戦, 所感

■先日「SONGS」にPerfumeが出ていたので視た。 Perfume、わりと好きなのだが、フアンというほどではない。メムバーの名前すらあやふやだ。 ■そんな、Perfumeが、恩師の振付師・MIK …

no image

「あなたの営業職に向いていると思うところはどこですか」

2019/09/27   -作戦, 所感, 身辺雑記

■就職活動のとき、営業職を志望していた私は、面接でこんな質問をされた。 「あなたの、自分が営業職に一番向いていると思うところはどこですか」 それほど間を入れず、私は答えたのだった。 「……人を好きにな …

no image

雑誌のグラヴィアが単行本化されない不思議。

2019/09/26   -所感, 漫画

■「ビッグコミックスピリッツ」という雑誌を読んでいる。 今は「ワイルドピッチ!!!」「あさひなぐ」「リボーンの棋士」「雪花の虎」と、面白い漫画が多い。 今のところ読んでいる漫画雑誌は「スピリッツ」だけ …

no image

人生で十本の指に入る後悔「TV録画しとけばよかった」。

2019/09/25   -TV, 作戦, 所感

■この、「明瀬祐介日記」は、意識してはいないものの、「若いころの自分が読んだら役に立っただろう」という記事がある。 下記などは、自分が一〇歳代のときに気づいたら、もっと人生が楽しかっただろうと思う内容 …

no image

「史上最高」が入れ替わったことってある?

2019/09/24   -TV, スポーツ, 作戦, 所感

■野球でも相撲でも競馬でも、どの分野にも、「史上最強」「歴代最高」をめぐる論争がある。 こういうのは時代が違うから比較できないのだがそれを語るのが好事家の楽しみだ。 ■一度定着した、大衆の「史上最強」 …

no image

おまえらみんな懐古厨になれよ。

2019/09/23   -スポーツ, 所感

■「日本ではスポーツの歴史に対する関心や敬意が薄い」というように言われることがある。 例えば、MLBでは、偉大な選手を忘れないように永久欠番が数多く設定されている。復刻ユニフォームで現役の選手が試合を …

no image

俺は「研究」には何の興味もない。

2019/09/22   -作戦, 所感

■これは恥をしのんで書くのだけれど、私は、学問的な「研究」という物に、ほとんど何の興味もない。 十代のころ、二〇〇五年、私は牢人の末、国立大学の応用科学科に進んだ。将来的には、理系の研究者になろうと、 …

no image

ノーサイドホイッスルの想い出。

2019/09/21   -スポーツ, 所感

■前にも書いた通り、ぼくは一〇歳代の頃、茨城県にある私立中高一貫校にいた。 この学校はラグビーが盛んで、校技扱いされており、部活は全国大会の常連である。ぼくは部活はやっていなかったけれど、授業で週二時 …

no image

関東郊外住みなら関東戦国史に燃えるよな。

2019/09/20   -所感

■最近、関東戦国史の本を読んでいる。北条早雲が登場する以前、「○○公方」が乱立する無茶苦茶な時代から、家康が移封されるまでの約一五〇年間。 この時代が好きのは、 茨城とか千葉とか埼玉とか栃木とか、東京 …

no image

もうやめて!とっくにNHKのライフはゼロよ!

2019/09/19   -TV, 所感

■十年近く前から、「NHKらしからぬ、ラフな番組」が増えた。「サラリーマンNEO」とか、「ケータイ大喜利」あたりからはじまったような気がする。 最初は面白かったけれど、なぜ面白かったのかと言うと、「N …

no image

茨城県の田舎の景色が本当に残念。

2019/09/17   -所感

■せんだって、茨城県かすみがうら市・行方市に行った。 「虹のタワー」という塔がある。のぼって、霞ケ浦側を観ると、青い湖水が広がり、なかなかの景色だ。が、反対側を観たとき、ちょっとがっかりしてしまった。 …

no image

データベースの標準表示件数、少ないのは何とかならんのか。

2019/09/16   -所感

■コンピューターについて全く知らないのに恐縮なのだが…。 インターネットを視ていると、、データベースのレコードの中から何かを一覧表示する機能がよくある。文字、数字等のみの場合も、サムネイル画像が表示さ …

no image

インターネット時代、何を視ればよいのか分からなくなった。

2019/09/12   -所感, 身辺雑記

■私は、インターネットでの動画配信をあまり視ない。 「YT」も「ニコニコ動画」も、定期的には視ていない。 「アベマTV」とか、「フールー」とか、「ネットフリックス」とか、「アマゾンプライム」とか、どれ …

no image

今更ながら、行政の統計調査に重複が多い。

2019/09/11   -所感

■国や、県や、市といった行政から、企業に、何かの統計調査提出の指示が来ることがある。 たいがい専用の紙に記入することになっている。今は「Excel」のシートも使えたりすることがあるが、専用の紙をそのま …

no image

俺も優勝阻止してみたい。

2019/09/09   -スポーツ, 所感

■玉錦三右エ門という横綱がいた。昭和戦前のころだ。とにかく稽古の虫でめっぽう喧嘩好き。 ついたあだ名は「ボロ錦」「ケンカ玉」。 キヤラクターとしては朝青龍に似ていたのだと思う。土佐高知だしね。 そんな …

no image

「柔道家」という、すばらしくもずるい言葉。

2019/09/03   -所感

■昔、「炎の体育会TV」というTV番組で、「古賀稔彦と役者や芸人が柔道を行ない、一分間一本を取られなければ、挑戦者の勝ち」というような企画があった。(詳細忘れた) 畳の中であれば、鬼ごっこのように逃げ …

no image

茨城県南につくばがある異和感。

2019/09/01   -所感

■先日、 自分の通った中学高校が「東京に近い」「田舎の」「私立」「共学」「新設」「中高一貫校」だったため、異様にハイソサイエティ志向で、安全で快適で閉鎖的なリア充空間を作っていて、今考えるとすごく気持 …