アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

「大学時代の友人の連絡先を、家族は全く知らない」問題

投稿日:2018年6月27日 更新日:

■「家族が知らない友人」問題というのがある。

今はWeb上に「自分の家族が知らない友人」がたくさんいるという人も多い。
また、リアルの友人であっても、何らかの理由で、
家族にはその存在や関係を隠している場合もあるはずだ。

しかし、リアルの友人で、別に隠し立てしているわけでなかったとしても、
多くの人に、「自分の家族がその存在を知らない友人」が一人や二人はいるのではないか。

 

■ケースとして一番多いのはやはり、
「大学時代の友人の連絡先、家族は全く知らない」問題
だと思う。

例えば、だれかが死んだり行方不明になった場合を想定する。
小中高時代の知人や職場に関しては、親もある程度知っている場合が多い。
家族はその連絡先を調べ、連絡を取ることができるはずだ。
(一人の連絡先が分かれば、伝手をたどることもできるし、
一人から情報が伝わっていくこともあるだろう)

しかし、大学時代の友人に関しては、
親はそのうちの一人の連絡先も知らない、という場合も多いのではないだろうか。
そもそも名前すら分からない場合もあるだろう。

「お互いの結婚式で友人代表のスピーチをしたけど、
葬式はあったこと自体知らなかった」

というケースだって決して珍しくはないはずなのだ。

 

■仮に対策を取るとしたら簡単で、
「家族に友人の連絡先を伝えておく」ことに尽きる。

まあ、そこまでするのもなんか気持ち悪い、という人が
大半ではないだろうか。
私もそうだ。

考えてみれば仮に私の死後、家族と知人が連絡できなかったとしても、
私には何の影響もないのだし。
(私は死んでいるのだから)

-所感

執筆者:

関連記事

「にでもエリート」という不幸。

■かつて、「でもしか教師」という言葉があった。「教師に”でも”なるか」「教師に”しか”なれない」と言って教師になる人のことだ。教師が狭き門となって、かつ …

原発事故の、誰も覚えていない、どうでもいいこと。

■平成23年3月12日15時半過ぎ。 前日の東北地方太平洋沖地震にともなう津波以降、 コントロール困難な状況にあった、福島第一原子力発電所1号機が、爆発した。 この時の緊迫感・恐怖感は、当時日本にいた …

no image

「理系は大学で数学を使わない」説。

■大学の二年生の、有機化学の講義でだったかと思うが、教授が雑談の中で、笑いながら話していたことがある。 「この前の講義後、入学したての一年生に物理の本を持ってこられて質問されまして…。どうも理科の先生 …

僕たちはインターネットと美しく生きられるのか。

■僕が大学の時、平成二十二年(2010年)くらいのことだろうか。 ある人と、mixi上の友達になったことがある。 当時、その人は僕の憧れていた女性だったから、舞い上がるほどうれしかった。 だが、彼女は …

「平成ネット史(仮)」よりも広かったネットの世界。

■1月2日に日本放送協会で放映されていたTV番組 「平成ネット史(仮)」(「(仮)」が正式タイトル)の前篇を視たので、 その内容と感想を書く。 http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/ …