アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

「大学時代の友人の連絡先を、家族は全く知らない」問題

投稿日:2018年6月27日 更新日:

■「家族が知らない友人」問題というのがある。

今はWeb上に「自分の家族が知らない友人」がたくさんいるという人も多い。
また、リアルの友人であっても、何らかの理由で、
家族にはその存在や関係を隠している場合もあるはずだ。

しかし、リアルの友人で、別に隠し立てしているわけでなかったとしても、
多くの人に、「自分の家族がその存在を知らない友人」が一人や二人はいるのではないか。

 

■ケースとして一番多いのはやはり、
「大学時代の友人の連絡先、家族は全く知らない」問題
だと思う。

例えば、だれかが死んだり行方不明になった場合を想定する。
小中高時代の知人や職場に関しては、親もある程度知っている場合が多い。
家族はその連絡先を調べ、連絡を取ることができるはずだ。
(一人の連絡先が分かれば、伝手をたどることもできるし、
一人から情報が伝わっていくこともあるだろう)

しかし、大学時代の友人に関しては、
親はそのうちの一人の連絡先も知らない、という場合も多いのではないだろうか。
そもそも名前すら分からない場合もあるだろう。

「お互いの結婚式で友人代表のスピーチをしたけど、
葬式はあったこと自体知らなかった」

というケースだって決して珍しくはないはずなのだ。

 

■仮に対策を取るとしたら簡単で、
「家族に友人の連絡先を伝えておく」ことに尽きる。

まあ、そこまでするのもなんか気持ち悪い、という人が
大半ではないだろうか。
私もそうだ。

考えてみれば仮に私の死後、家族と知人が連絡できなかったとしても、
私には何の影響もないのだし。
(私は死んでいるのだから)

-所感

執筆者:

関連記事

一九八五年前後生まれって結局「若者の流行」を作れなかったよな。

■先日「SUNNY 強い気持ち・強い愛」という映画(BD)を観た。 一九九六年。ルーズソックス、白いカーディガン、明るい茶髪、ポケベル持ちの女子高生たちが、「そばかす」「CANDY GIRL」「LA・ …

「首相」や「社長」は各組織に一人でいいのか。

■ふと思ったのだけれども、現在当たり前になっている、「社長が一人しかいない会社」や、「首相が一人しかいない国」という組織形態は、実は結構危険なのではないだろうか。   ■まず、緊急時、トップが倒れたり …

なぜ、「個人年金の義務化」が議論されないのか。

■年金が話題になるたびに不思議なのが、(支払額や、支払主体に一定の規制をもたせた、)「個人年金の加入義務化」と「公的年金の(段階的な)縮小」が、ほとんど話題にならないことだ。 ■別にとりたてて突飛な意 …

映画「セッション」にみる、「成功」と「平凡な幸せ」の難しさ。

■「セッション」という映画のBDを観た。アカデミー賞受賞作品だから、知っている人も多いだろう。 (以下、映画の内容を記す) 主人公は名門音楽学校の学生ドラマー、アンドリュー。その学校のトップのバンドマ …

no image

「あなたの営業職に向いていると思うところはどこですか」

■就職活動のとき、営業職を志望していた私は、面接でこんな質問をされた。 「あなたの、自分が営業職に一番向いていると思うところはどこですか」 それほど間を入れず、私は答えたのだった。 「……人を好きにな …