アカセニッキ(明瀬祐介日記)

少しだけ役に立つ、または面白い内容を提供できれば。

所感

「大学時代の友人の連絡先を、家族は全く知らない」問題

投稿日:2018年6月27日 更新日:

■「家族が知らない友人」問題というのがある。

今はWeb上に「自分の家族が知らない友人」がたくさんいるという人も多い。
また、リアルの友人であっても、何らかの理由で、
家族にはその存在や関係を隠している場合もあるはずだ。

しかし、リアルの友人で、別に隠し立てしているわけでなかったとしても、
多くの人に、「自分の家族がその存在を知らない友人」が一人や二人はいるのではないか。

 

■ケースとして一番多いのはやはり、
「大学時代の友人の連絡先、家族は全く知らない」問題
だと思う。

例えば、だれかが死んだり行方不明になった場合を想定する。
小中高時代の知人や職場に関しては、親もある程度知っている場合が多い。
家族はその連絡先を調べ、連絡を取ることができるはずだ。
(一人の連絡先が分かれば、伝手をたどることもできるし、
一人から情報が伝わっていくこともあるだろう)

しかし、大学時代の友人に関しては、
親はそのうちの一人の連絡先も知らない、という場合も多いのではないだろうか。
そもそも名前すら分からない場合もあるだろう。

「お互いの結婚式で友人代表のスピーチをしたけど、
葬式はあったこと自体知らなかった」

というケースだって決して珍しくはないはずなのだ。

 

■仮に対策を取るとしたら簡単で、
「家族に友人の連絡先を伝えておく」ことに尽きる。

まあ、そこまでするのもなんか気持ち悪い、という人が
大半ではないだろうか。
私もそうだ。

考えてみれば仮に私の死後、家族と知人が連絡できなかったとしても、
私には何の影響もないのだし。
(私は死んでいるのだから)

-所感

執筆者:

関連記事

高認試験こそ攻守兼用の最強効率ライフプラン。

■以前にも書いたことがあるのだが、日本の十歳代の最高の過ごし方は「高校行かずに高認合格。そして好きなこと極める」だと思う。 勉強の知識自体は役に立つし、学歴だって社会で重要な意味を持つ。しかし高校に行 …

no image

「UNIVAS」で失われる物もあるだろう。

■「七帝柔道記」という本がある。旧七帝大伝統の寝技主体の団体戦柔道を戦う昭和の男たちを描いた、増田俊也の自伝的作品だ。 主人公は、最初から二年の留年を計算に入れ、大学生活のすべてを七帝柔道に賭ける-。 …

「懐かしい物についての新しいことを言えなくなった」問題。

■インターネットには、「もう誰も、懐かしいことについての新しいことを言えなくなった」という問題がある。 ■私が高校のとき、二〇〇〇(平成十二)年前後の「2ちゃんねる」では、いろんな「懐かしい物」につい …

no image

もうやめて!とっくにNHKのライフはゼロよ!

■十年近く前から、「NHKらしからぬ、ラフな番組」が増えた。「サラリーマンNEO」とか、「ケータイ大喜利」あたりからはじまったような気がする。 最初は面白かったけれど、なぜ面白かったのかと言うと、「N …

no image

現代音楽←まだわかる 現代美術←は?

■美術には「現代美術」「現代アート」というジャンルがあり、今の「ハイカルチュア」としての「美術」のかなり主流を占めている。 音楽の「ハイカルチュア」部分の主流は、以前として「いわゆるクラシック」だ。も …